アクセスカウンタ

<<  2016年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


故郷

2016/01/31 22:55
なにもかもがやっと
気にならなくなって
なにもかもからやっと
自由になれそう
雪が雨に変わっていくのを
ただずっと見つめている
故郷の英雄真田信繁が
本陣めがけて突っ込んでゆく
雄姿をずっと眺めている

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いつか

2016/01/30 23:29
鈍重に時間を刻む
土蔵の壁に
しゃらしゃらと
しめり雪ざらめ雪
灯をともして
いるのだろうか
あたりまえのように
内蔵したまま
漏れて来ぬ
しめり雪ざらめ雪
沈黙の重心
植え込んだまま
消えかかった
土壁の家紋
乾き雪
きっと
いつか
風花

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪あられ

2016/01/29 23:18
てんぷらを揚げる音がして
雪あられが落ちてきた
ぱらぱらと歯切れよく
しょせんは水と油の
化かしあい
離れちまえば
ドーってことない
ふっきれそうな
気になった

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ネクタイ

2016/01/28 23:22
いつからかネクタイを
締めなくなっていた
どうしてこんなことに
気づかなかったのかって
締めるのやめたんだ
ネクタイ締めて
老いてきた
ひさしぶり
喪服にネクタイ
きゅうきゅう締めた

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大寒

2016/01/21 23:15
太鼓が響く
締まった太鼓が響きわたる
地下に潜っていた地下鉄の電車が
地上に顔を出したとたんの空気に
太鼓が響いてゆく
レールのうえをきーんと
つたわってゆく
架線をびりびり
ひっかいてゆく
死んでいた生き物たちが
窮屈な都会の隙間から
気配をうかがっている

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


たまり

2016/01/18 22:56
雪だまり
霙だまり
雨だまり
シャーヴェットに
サクサクの
長靴
大石良雄
踏んでいった
生きざまの
たまり

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


落花生

2016/01/15 23:13
下弦の月の皿に
真空を盛る
雪が雨にならず
真空に消えてゆく
会うことできなくなった
顔が皿に浮かんでいる
こっちじゃテロで
スキーバス事故で
また逝ったよ
腹をかためて
ぽりっと
また落花生を
割ってるよ

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5句

2016/01/12 21:42
大北風尻で蹴散らす道祖神

繭玉や餓鬼大将も知りし恋

外套のカント時計を気に掛けり

我が事の如く語らふ藁仕事

大寒の奏づる音に耳寄せり

(り)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬花火

2016/01/10 23:07
何とかけっちゃく着いたなら
季節はずれの祭りにゆこう
もう背伸びをしてもしょうがない
ドンと花火は咲きゃしない
それでも湿っぽくは
ならないように
何も気にせずとんとんと
冬の花火を見にゆこう
偉い人にはなれないが
仙人の居場所わかるかも
地球のすみのすみのすみ
ちょっこし開いた穴ぼこを
のぞいて耳をそばだてて
そしてこっそりオサラバさ

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あ〜あっ

2016/01/08 22:49
しょうがないわな
そうなろうとしてそうなっち
まったわけじゃあなし
じゃあどうしたらいいって
どうしようもないのを
がんばりゃなんとか
なんてたわごと
やりくりできりゃ
こんなこといっちゃあいない
あ〜あっていうしかない
あ〜あってやってるあいだに
ながれていくのをまつしかない
あ〜あって

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


らくご

2016/01/04 20:58
なめらかにたたみ
まるめこんで
おちてくる
雪をまきことば
はきあげながら
ぐさりとはまって
ことばのわだち
声まきあがり
みかげをみがき
さそってすくい
ふきあげて
まろみこぼれて
舌のつけねの
つけねのさきを
はねのけ化けて
生きたことばの落花生
死んだことばは滝のぼる
まるめろトレモロたたみこみ
そこのけそこのけ
車輪はまわる

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポンっと

2016/01/03 23:38
一身上の都合で
歩き出していた
不埒な輩が
足をたたんで
畳に座り
神妙に
祈っている
つぶやいている
あしたを待って
じゃあそこで
おっぺけぺっと
またやっちまって
いつもの茶番
それでも
とりあえずは畳みかけて
階段を一つ上ったから
ひそかにポンと
いつもの上に飛んでみよっ

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そのまま

2016/01/01 23:00
一ミリ幅のボールペンの線を
引きはじめよう
ことしはちょっと太く
書きはじめよう
朝からうしろに
煙が立っているから
御影石の橋を渡り
照り返る夕暮れの伽藍を
ゆるりと横切って
心の劈開面を
一めくり
してみよう
如来は粘板のスレートに
坐っておわす
川ながれ立つ小波
犬でも連れて
そのままゆけば
それでいい

(試)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年1月のブログ記事  >> 

トップへ

Palabra(作業用) 2016年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる